LIVE DINOSAUR東京公演初日(1/7)

昨日の話ですが、B'zのライブを見に東京ドームへ行ってきました。

 

 

音・映像の迫力はもちろん、

今回個人的には選曲にしびれました。何度もきゅんきゅんするという感じ。

 

いやなこととか忘れられる、気力をもらえる場所でした。

行ってよかった、と帰り道でしみじみ感じる素敵な時間でした。


DINOSAUR/B'z

去年出たアルバムを今頃ヘビロテする私(汗)。

20枚目のアルバム、枚数重ねて年数重ねた分素敵になってる。

やっぱりかっこいい。感想ひとことで終わっちゃうけど。

 

「それでもやっぱり」「Queen Of The Night」が目下のお気に入り曲。

でも「ルーフトップ」も捨てがたい。

サビの終わり方がすき(昔っぽくもあり今でもあり)。

 

シングル曲の「声明」「Still Alive」もそれぞれによくて、

ライブで聴くとどうなるんだろう、というわくわく感が増すのです。

 

2018年はデビュー30周年。いろいろな企画あるんだろうな。楽しみ。

 

【Amazon.co.jp限定】 DINOSAUR (初回限定盤)(DVD付)(B2布ポスター付き)

新品価格
¥4,860から
(2018/1/6 18:05時点)


おんな城主直虎総集編

総集編で改めて見ると、あぁこんなこともあったと

いろいろ思い出し、わかっていても同じシーンで涙が出る私。

とくに第三部の但馬の磔シーンと第四部の瀬名様と直虎のシーン。

何度見ても切ないです。

 

でもやっぱり・・・最後の最後のシーンはよかった!

本編では手だけ映ってた二人の笑顔が素敵でした!!

 

 

戦国大河が2年続いて来週からは幕末が舞台の「西郷どん」。

どんな作品になるか楽しみですな。


正月時代劇 風雲児たち〜蘭学革命篇〜

真田丸メンバー再集結!とのことだったので見てみました。

 

翻訳始めたあたりのコミカルな雰囲気もありつつシリアスな場面もあり。

正しい翻訳を世に出したい良沢とまずは一石投じたい(早く出版したい)玄白の 最後の激論、

そして良沢がクレジットを拒否る場面が、何かきゅーっと胸を 締め付けられるような感じがしました。

 

あと、一人ひとり登場するたびについ真田丸のときを思い出して この役の人がこれをやってるのかー

などと役柄の違いを楽しみながら 見ていました。

 

再放送あるといいなぁ・・・


「徳川の女たち」第19話・第20話

完全実力行使主義だったなー、なラスト2話でした。

初期から出てた権太と仲良し?な女子はひょっとして
お玉ちゃん(桂昌院)設定??とか思ってたけど、
予想は外れて、江島生島的事件起こして殺されてた(汗)。
そこから怒涛の展開で最後は春日まで…

女性陣生き残りは遠藤さん(春日のおつき)とお楽ちゃん
くらいか…いやすごいわー。

徹頭徹尾、実力行使主義。
歴史に準拠はほとんどしてないけど、
ある意味面白かったような気がします。

「徳川の女たち」第13話・第14話

またも1週すっとばしてしまった

全20話だから実は佳境にむかっていってるんですよね。
側室(候補生)もちらうつりしているし。

今回も実力行使至上主義なのは健在で(^^;;
お楽ちゃんが大奥入りしないからって、ならず者雇って
お店めちゃくちゃにするあたりが何ともすごすぎる。
(依頼した描写はなかったけどたぶんそうに違いない)

初期から出てる権太と権太と仲良し?の女性のその後も
とっても気になりますな。女性に関しては何やら占いで
気になることが言われてるみたいですし。

お江戸吉原事件帖・第3話

この話の前半で、
雲雀さんが昔惚れてた人に、
自分が手塩にかけて育てた子を水揚げしてほしい
(ざっくり訳:初めてのお客さんになったげて)
頼む場面があって。

なんかどっかで・・・と思ったら。

そうだひらめき
真珠夫人だ!!

真珠夫人(昼ドラ)の後半、瑠璃子さんが娼館経営?
してた時代にもこんなせつなーいシーンがあった気が。
※瑠璃子さん役と雲雀さん役は同じ人(横山めぐみ)

もしかしてオマージュ?とか勝手に想像しちゃったり。

お話自体は、その雲雀さんの思い人と手塩にかけた子
の友達が死体で発見されて急展開していきます。


周囲から吉原を取り上げてたり、
実は主人公チームにもいろいろ過去があったり、
それでいてちょっと仕事人チックでありながら
立ち回りもあって、面白い作品だなと本放送+
CS放送のときに思ったものです。

「徳川の女たち」第9話・第10話

1週すっとばしてしまった_| ̄|○

いつの間にか孝子様流産してた…
そしてお館様こと築山殿まだ生きてた(死んじゃったけど)

などなど、
1週すっ飛ばしの間に何か置いてけぼりを
くってしまったようであります(汗)。

お江様が健在すぎるせいで時系列もわからなく
なりつつありますが、忠長に駿河に住めという
指令が出たりしてるので、一応、忠長排斥に
向かって進んでいくのかなと思ったり。

今後のそれぞれの行く末が気になるとともに
側室、だれが出てくるのかとっても気になります。
全員出てくればおもしろいんでしょうけど。

とても印象的だった鬼平の音楽

吉右衛門さん版の「鬼平犯科帳」などの音楽を手がけられていた

津島利章氏が亡くなられたとか。

オープニング曲の疾走感あふれる様がとても印象的でした。



記事を読むまで、仁義なき戦いの音楽の人だったということは知りませんでした。

幅広く手掛けてらしたのですね。



ご冥福をお祈りします。



「仁義なき戦い」テーマ曲…作曲家の津島氏死去 (Yahoo!ニュースより)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131127-00000939-yom-ent



【訃報】★・・作曲家・津島利章さんが亡くなられました。(享年77) ・・★ (時代劇専門チャンネルHPより)

http://www.jidaigeki.com/news/20131128_8258.html

剣客商売・御老中暗殺

北大路版の剣客商売・第1作。



藤田版が今でもCSでガンガン放送されてる中での新作。

キャスト一新なのでここ数年妻子持ちだった若先生も独身生活に。

不二楼出なかった?外食と情報収集機関は武蔵屋さんで統一?



地上波放送のときには各キャラ(特に女性陣)の雰囲気が

いまいちぴんとこなかった、何かギスギスして見える感じも

なくはなかったのですが、改めて見てみると違和感が少し

薄らいだ感じ。



あと、一橋さま役の神保さんが素敵でしたよ♪

最近はすっかりいい人な感じの出演が多かったんで、

悪の雰囲気を漂わせる神保さんが見れてよかったです。



個人的にはこのメンバーでの連ドラ剣客が見たいです。

1シリーズでも2シリーズでも、連ドラで馴染ませてほしいな、と思うのです。



・・・というか民放で時代劇連ドラを作って。お願い。

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PR1

PR2

毎日貯まるポイントサイト ECナビ
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM